不動産名義変更の流れは?スムーズに行う方法

もう迷わない!不動産名義変更

新着記事

不動産名義変更の流れは?スムーズに行う方法

不動産名義変更って聞くと「面倒臭そう」とか「長い時間がかかりそう」というイメージがありますよね。

不動産名義変更は司法書士に依頼すれば待っているだけですぐに終わります。

しかし、費用がそれなりにかかってしまうのがネックです。

今回は自分で不動産名義変更を行った際の流れについて説明します。

■不動産名義変更の流れはたったの3ステップ

1.法務局で必要書類について聞く。

2.必要書類を揃える。

3.再び法務局へ行き書類を提出し確認が終わるまで待つ。

混み具合や場所によりますが、法務局で必要書類を聞くのも書類を提出するのも予約が必要です。

また、提出の際は1枚1枚確認をするので時間の余裕がある日に予約を取りましょう。

提出の確認が終えたら、あとは法務局で手続きをしてくれるので家で待つだけです。

■あらかじめ書類を用意しておけば早く済ませられる

不動産名義変更で必要な書類はインターネットで調べれば出てきます。

また、書き方も載っているのでそれらを参考に先に書類を作っておくと早く済ませることが可能です。

書類は法務局のホームページからダウンロードしたりWordで作ったりすることで用意出来ます。

■記入漏れがないように確認は必要

自分で書類を用意すると言うことは確認を怠ると書き直しをしたり確認をしに法務局へ行ったりしなければいけません。

全て1回で終わるように確認はしっかりするようにしましょう。

《ご参考ください》不動産登記の流れと自分で申請する場合の注意点 | 不動産投資メディアのINVEST ONLINE(インベストオンライン)