不動産名義変更に種類があるって本当?種類別に紹介

もう迷わない!不動産名義変更

新着記事

不動産名義変更に種類があるって本当?種類別に紹介

一言に「不動産名義変更」と言っても複数の種類があることは知っていましたか?

シチュエーションや名義変更をする対象によっては必要書類も名義変更完了までの日数も異なります。

シチュエーション別にいくつあるのか、不動産名義変更の対象はいくつあるのかご紹介します。

■不動産名義変更をするシチュエーションは4つある

1つ目は「遺産相続」です。

身内の誰かが亡くなった際、故人の所有する不動産の名義を変更する際行います。

2つ目は「離婚による財産分与」です。

離婚した際、不動産の名義を変更することがあります。

3つ目は「生前贈与」です。

不動産を所有している方が生きている内に名義を変更することを示します。

4つ目は「不動産取引」です。

これは親戚や家族間で行われるものではなく、不動産の持ち主と不動産会社で行うものです。

なぜ不動産名義変更を行うかで必要な書類が変わってきます。

■不動産名義変更の対象は2つある

1つ目は「土地」です。

条件によって建物はつかないので確認が必要です。

2つ目は「建物」です。

家やマンションのことを示します。

土地と建物が別れているケースが多いので、不動産名義変更の際はしっかり確認しましょう。

■種類によって必要書類が違うので注意が必要

不動産名義変更と言っても種類があり、必要書類や費用、かかる日数が異なります。

また、書類を発行できる場所も異なるので、名義変更の際は確認を怠らないようにしましょう。